アメリカのHalloweenについて

こんにちは。10月に入りましたね!10月といえばハロウィン!ということでについて、今回は本場アメリカでのハロウィンの過ごし方をご紹介します!

アメリカでは子供達は勿論の事大人たちも存分に楽しんでいるようです。
そもそもハロウィンとは何か?

簡単に説明すると日本で言うお盆のようなものですが、またちょっと違うようで

本来は万聖日の前夜祭であり、悪霊や死んだ人たちの魂が戻ってくる日だから、

カボチャをくりぬいてそれを外に置いて魔除けを施す。

それが本来なのですが、もはやアメリカだけではなくイギリスなどでも

楽しむためのビッグイベントの一つになっています。日本でもお正月の準備等をしたりしますが、アメリカは大体1か月前からハロウィンの準備にとりかかります。

クリスマス等も同じく1か月準備しだします。すごいですね!

家のデコレーションの時間や衣装やお菓子の準備の期間らしいです(笑)

総額はかなりの額との事。今月は10万も使っちゃったよと言う事がざらじゃありません。当日は子供だけではなく、親たちもハロウィンコスチュームを着飾っていざ出陣です。ハロウィンの日に学校があれば、学校でもコスチュームを着ています。

それに、学校が企画するイベントもあるのでそちらにも顔を出します。

そしてコンテスト!各自エントリーして誰が一番凄いかを競います。

配っている保護者の方たちも色々とコスチュームを着ています。

それ以外にも色々な所でハロウィンのイベントは行われています。

勿論、大人達も楽しめるようにクラブでもハロウィンイベントは欠かせません。

なので、一年の中でも指折りのイベントの日なんですね。

近年は日本でも各地でたくさんイベントやっていて、とにかく年に一度恥ずかしがらずにコスプレできる唯一の日ですね(笑)

f:id:willenglish:20161004124914j:plain

f:id:willenglish:20161004124810j:plain

 

 

 

Aaron's News Letter

aron

On September the 20th my mom and little brother visited Japan for the first time. Everything was very new to my mom. Food was new, transportation was new, and so were the people of course. She was surprised that you could find so much useful stuff and good food at convenient stories here. Mostly we have just junk food at convenient stores in America. She thought the train system was great, and she thought most places seemed fairly clean on the streets. She enjoyed her visit.

  アーロンより

9月20日から母と弟が初めて日本に来ました。

台風の影響を心配しましたが大丈夫。滞在中、母たちにとって食べ物、交通機関、もちろん日本に住んでいる人達すべてが新鮮だったようです。母は生の魚が苦手な以外は何でもチャレンジしていました。

弟は、たくさんの便利なものや美味しい食べ物がコンビニで入手できることに驚いていました。

アメリカのコンビニにはジャンクフードくらいしか売っていませんから。

僕と三人で出かけた広島への旅行の際の鉄道のシステムがすごいことと、道路がとてもきれいに整備されていることに二人とも驚いていました。(妻はまだ子供が小さいので留守番でした。)

初めての日本滞在は大いにエキサイティングだったようです。

Eikoより:アーロン夫妻と共に、空港へママと弟を迎えに行きました。

胸に手を当て大興奮のママで凄くキュートな方でした。また来てください!

 

9か国語自動翻訳!?

2020年の東京五輪にむけて日本では様々な技術開発を加速させているようで

話した言葉を瞬時に別の言語に翻訳する自動音声翻訳技術が開発されるそうです。

例えば「一列に並んでください」とメガホンを口にあてて日本語で話すとスピーカー

から英語や中国語に翻訳された合成音声が出てくるそう。すごすぎる!

日本は外国語の苦手な人が多いこともあり、最も自動翻訳の研究が進んでいる国の

ひとつとされているそうです。ちょっと悲しい気がしますが?

とにかく、15年度から5年間で100億円の予算を投じ、20年頃には自動開発機による「おもてなし」が実現しそうですね!

f:id:willenglish:20160926095312j:plain

シンガポールの教育制度について

こんにちは。今回はシンガポールの教育制度についてちょっと触れたいと思います。

国土は東京23区とほぼ同じ広さで天然資源に乏しい小さな島国シンガポール

しかし現在東南アジア随一の経済先進国へと成長を遂げた背景には建国以来「人こそ資源」と重視してきた教育理念のようです。

大学を中心にエリート育成を推進する一方、先進技術を身に付けた人材を産業界に送り出そうと職業訓練教育に最も力を入れてきたそうです。教育制度は小学校が6年間、中学が4~5年の義務教育後、日本の高校にあたるジュニアカレッジが2年。日本との違いは中学から「大学進学」と「職業教育」のコースに分かれいるところです。

公用語も英語とそれぞれの母語を使っているそうで日本人には羨ましい限りですね!

「エリートだけでは国を豊かにすることはできない。それぞれのレベルで、能力を最大限発揮することが国の発展に不可欠」という考え方はまさにこれからの時代を見据えた素晴らしい国だなあ~と改めて感心しました。

シンガポールには1回訪れたことがありますが、早くから街の美化活動が盛んで、ごみを捨てたら罰金!という看板にビクビクしていました(笑)

これからもますます発展していくシンガポール。同じアジア人として頑張ってほしいですね。      BY AYUMI

f:id:willenglish:20160916125503j:plain

Active Learning(アクティブラーニング)について

こんにちは。先日2020年度以降「学校指導要綱」が教育方針が改善される話題をしていましたが、本日の新聞に学校の授業でもっと「ActiveLearning」を取り入れていく。という話題が出ていました。

ActiveLearningとは話し合いや意見発表などを通じて自ら学び、考える力をつける活動のことだそうです。日本では「一斉授業」といって先生が一方的に話したり知識を伝えたりすることが多かったのですが、現在は周りの人と協力しながら、自分たちで問題の解決策を考える力が求められているので、今後どういった方法で効果的な学習ができるか、文部科学省は指導事例集などを作っていくそうです。 BY AYUMI

f:id:willenglish:20160907131702j:plain

 

長住校レッスンルーム リニューアル!

こんにちは。あっという間に9月に入りましたね。台風のおかげなのか最近はようやく朝晩涼しくなり、やっとでクーラーなしで寝れる夜が来てうれしい限りです。

とはいえまだまだ残暑は厳しそうですが・・。

さて長住校は夏前あたりからレッスンのお部屋をリニューアルしておりますが

現在新しい生徒様の手続き等やレッスンで使用してますお部屋がまるで外国のホテル

のレセプションのような仕上がりになっております(ちょっと大袈裟ですが(笑))

新学期が始まり、現在秋の新規生徒様募集もいたしておりますので、お問い合わ

せ体験等のご希望はメールもしくはお電話にてご連絡お待ちいたしております。

BY AYUMI

f:id:willenglish:20160901120323j:plain

f:id:willenglish:20160901120339j:plain

日本の山がインターネットで世界に発信!

今年から8月11日が新たに祝日「山の日」になり日本の山岳地を国際的な観光地として売り出そうという機運が盛り上がっているそうです。

先日長野県の上高地で外国人向けのサービスが開始され、式典の様子もネットで世界に配信されたとのことです!

 日本の山は世界の山に比べてスケールとしては劣りますが、「山や、森、川がコンパクトに収まった風景が他国にはない魅力」のようです。現在日本で8の国立公園が満喫プロジェクトモデル公園に選定されており、九州では阿蘇くじゅうや、霧島錦江湾が選定されているそうです。

2020年の東京オリンピックに向けてどんどん海外からの観光客が増えてほしいですね。

f:id:willenglish:20160822115449j:plain