読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京オリンピックにむけて東京で英語村開設されます!

英語村、日常会話で実践力 五輪ボランティア活動も想定 都が概要公表

■年間20万人受け入れ  2020年東京五輪パラリンピック開催を控え子供の英語力を高めようと、都が江東区での開設を計画する施設「英語村」の概要が23日、公表された。レストランなどを舞台にした日常会話や、ビジネスなどをテーマにした英語の議論を体験するプログラムを組み、子供の実践的な力を伸ばしていく。年間20万人の受け入れが可能で、平成30(2018)年9月の開業を目指すそうです。

施設名は「TOKYO GLOBAL GATEWAY」で、主に小学5年生から高校生までの利用を想定しています!

教育委員会によると、施設内では英語のみを使い、6人から8人のグループに英語が堪能な外国人らが指導にあたる。  日常会話を体験するプログラムでは病院、レストラン、ホテルなどで自分の要求や状態を伝えたり、困っている外国人を案内したりするトレーニングを行う。子供たちが五輪開催時にボランティア活動に携わることも想定し、ボランティアに関する内容も組み込まれる予定だそうです。

ぜひぜひ皆さんも参加してみてください!

 

Willyちゃん(ウイルのマスコットキャラクター)が増えました!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

あっという間に3月も中旬になり日に日に春らしくなってきましたね!

ウイルでも新年度になるということで、例年以上にご入会のお問合せやご体験が増え益々賑やかなスクールになっております!

さて、生徒様やHPをご覧いただいてます方にはお馴染み(?)のウイルのマスコットキャラクター、Willy(ウイリー)ちゃんにNew Vartionができあがりました!

Happy! Good job! Skip!しているWillyちゃんです(^_-)-☆

なんとウイルの生徒さんがデザインしてくれています!またWillyという名前も

生徒さんから募集して決まった名前なんです。

ウイルのホームワークブックの表紙にもなって、みんなに愛されるWillyちゃん!

これから可愛がってくださいね!  By Ayumi

f:id:willenglish:20170313124630j:plainf:id:willenglish:20170313124636j:plain

f:id:willenglish:20170313124623j:plain

 

 

 

 

 

中学生の英作文の取り組みについて

中学生の英作文の取り組み   by Erisa

  間もなく高校受験ですね。さて、今の高校入試問題の英作文が
どのような形式で出題されているかご存知ですか?
数年前までは日本文を英文に直すのが主流でしたが、今は自分の考えを
英文にする問題が多くなっています。
2016年に出題された公立高校の入試問題の一部には「英語の授業で感謝の気持ちを伝えたい人について英文を書く事になった。あなたならどのような英文を書きますか?(35語以上の
英単語を使うこと)」でした。

これに対して練習もなく、いきなり書きなさいと言われて完璧に書ける人は少ないと思います。
日々コツコツと練習をする必要があります。最初は短い文章から始めていき、徐々に長い文章にトライするのが良いです。英作文を続けると、自分の思いを英語で書けるようになり、語彙力
もつき、英会話のレベルアップにも繋がります。

ウィルでは2017年4月から中学2年生より英作文に取り組んでいきます。
中学校で習う文法を基に毎週(もしくは毎月)テ-マを決めて英作文を作っていただこうと
考えています ( ..)φ
最初は難しく感じるかもしれませんが、数か月経った時に少しずつ書けるようになった自分に驚かれると思います(^_^)楽しみでしょ?♪

 

フォニックスについて

フォニックスについて          By Hiroko
幼児から小学生4年生くらいまでのクラスでフォニックスを学習しています。
(一部English Grammarを学習しているクラスもあります)
フォニックスとはアルファベットの文字と音の関係を規則的に学び「読める」「書ける」が身につく学習法です。
レッスンでは、アルファベットの音をひとつひとつカードを使って正確な音を出して練習
します。次にアルファベットを並べて読みの練習です。

しかし英語には、日本語にない音が本当にたくさんあります。唇をかむF、ふるわせるV、
舌をすこし出すTHの音、普段日本語を話すときには使わない口の周りの筋肉をたくさん
使います。
すぐ正確な音を出すことは簡単ではありません。
先日、レッスンの前の教室に「先生これ読めたよ!」と入ってきた生徒さん。
「parking」と書いた紙を見せて、『パーキング』と、きれいな発音で読んでくれました。
「読めたから書いてきた」と嬉しそうに話してくれました。
コツをつかみ、少しずつ音を取って読めるようになっていた時でした。

『読める楽しさ」は英語学習を続ける上でとても大切です「自分で読めた!」の喜びは大事なことです。「分かった!」という瞬間、「楽しい!」という瞬間、何かのきっかけで英語に興味がわきます。それが読むことへつながる瞬間です。

私もフォニックスの重要性を感じた瞬間でした。

自分の日記を英語で書いてますか?

Are you writing your journal every week?            by David
A journal is a great way to practice your English skills. You can really slow down and think about what you are going to say. It's best to write in the past tense. Keep it simple and don't worry about making mistakes. Here's a quick example:
Today I went to the Fukutsu Aeon Mall with my friend. We had a great time. We drank coffee at Starbucks, then we went to the arcade and played games. I won a stuffed animal from the UFO catcher! A few more tips: 1. make sure to indent the first line by five spaces.
2. stay in past tense  3. keep it simple. if it gets too complicated, don't write it.
If you don't know what to write, here are a few journal starters:
Yesterday, I went to... Today I ate ... with my friend/mother... Last weekend I saw...
That's it! Students who write a journal regularly become better English speakers.
毎週自分の日記を英語で書いていますか?日記は英語のスキルを向上させるいい方法です。
まずは、何を書きたいのかゆっくり考えましょう。過去形で書くのがベストです。間違っていても心配せず
シンプルに書いてください。
 簡単な例文です:上の英文で確認しましょう。
1:最初の書き出しは、5文字分のスペースを空けましょう。 2:過去形を使う。
3:シンプルにわかりにくくなったら書かないで。(英文の最後2行が例文です。読んでみましょう)
デイビッドより
ジャーナルを毎週書いて来る生徒さんは確実に英語力がアップしています。初のうちは何を書いていい

f:id:willenglish:20170215120109j:plain

JAPEC(児童英語検定)開催します

こんにちは。毎日厳しい寒さが続いておりますね。

正月気分も過ぎたと思えばもう1月も中旬に入りました。

ウイルイングリッシュは、日本児童英語復興協会の会員教室に認定されており

毎年、JAPEC児童英語検定の開催校になっております。

今年も61名の生徒様が受験予定です。

普段のレッスンとは違う雰囲気の中、ちょっと緊張しながら試験に臨んでいます。

面接の時も緊張のせいか普段できている生徒さんもなんだか考えこんでしまいがちですが、いつも通りにしていれば合格間違いなし!みんな頑張ってね(^_-)-☆ BY AYUMI

f:id:willenglish:20170116124438j:plain

A Happy New Year 2017

皆さま。明けましておめでとうございます。

今年の年末年始は天候にも恵まれ絶好の初詣日和でしたね!

元旦の朝、目が覚めると空が明るくなっていたので外を見ると念願の初日の出を見ることができました!やったあ!!!

何だか得した気分になりました。

f:id:willenglish:20170110125030j:plain

今年一年ウイルイングリッシュ共々どうぞよろしくお願いいたします。

                          BY AYUMI